ブログやるならJUGEM
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
NewEntry
Profile
Archives
Search
Link

Favorite
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
Mobile
qrcode
Sponsored Links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



2011.07.01 Friday 
- -
大阪研修会





藤沢インプラントセンター 神谷デンテルオフィスの植木です

5月から月一回の土日にかみ合わせの勉強会に参加しています

大阪SJCDの理事の本多正明先生という咬合の大家に教えてもらっています

ちなみにこの講習会は幻の講習会とされなかなか申込、参加が難しいのですが

今回参加することができ非常に嬉しく思っています 

参加されている先生方も熱心な方々ばかりで、僕の隣の先生は毎月中国の上海から

きています

 

虫歯や歯周病など様々な歯科疾患の原因はかみ合わせや過度の力から生じていて

その原因の究明と対策を考えていく感じです

虫歯になるのにもかぶせていたのがとれるのも原因があります

ただ削って詰める、かぶせなおすではまた虫歯や脱離になってしまいます

虫歯や脱離の原因を分析し、対策をとり、再びトラブルがおこらないようにする

簡単に言うとそんなことを勉強しています

早速皆さんに還元できるように頑張ります


2011.06.30 Thursday 11:17
- comments(0)
GW
 こんにちは飯嶋です、皆さんGWはいかがお過ごしですか?
私はせっかくのお休みなのに久々に風邪をこじらせて寝て過ごしました。
体がだるくて喉は痛いし鼻はつまる〜,と散々で何にもする気が起きませんでした。
こんなときは健康が一番大切だなーと痛感します。
どこにも行けずむなしい連休でしたが最終日に義理の母にプレゼントする子犬を受け取りにいきました。






まだ3ヶ月なのですが、しっかりした顔をしています。

犬を受け取ると福島出身の義母は震災後ずっと元気がありませんでしたが久しぶりに嬉しそうな顔をしていました。
番犬になるかちょっと心配ですが元気に育ってもらいたいです。

口をあけたらかわいらしい乳歯が並んでいました。犬の口腔衛生管理はどうするのですかね?
歯石は全身麻酔でとるらしいですが‥。
そういえば学生時代に基礎系の教授が飼い猫の歯の治療でウン万円とられたなんてはなしていましたね。
こんど調べてみたいと思います。

明日からは仕事です。

最近は材料がよくなって良い治療がでるようになってきました。最近おすすめしている治療を紹介します。進歩したセラミックスなんですが非常に強度があり壊れずらいです。
下の写真は日本人の口腔内でよく目にする金属修復です。



たいがいの歯で金属の下面残っている歯質が壊れて虫歯になってるんですよね。
咬む力で金属が変形、セメントにヒビが入って細菌の微小漏洩で内部が浸食されて崩壊が必ずおこります。

kimurasan
今はこんな具合に修復できます。
手順としては
神経をいじめないように慎重に虫歯を取り除きます。
専用の器具を使って唾液を吸引しながら正確にお薬で歯の表面を処理します。
その後細菌の作る酸や酵素で浸食されない材料で補強して天然歯を保護します。
さらにがっちり強度のある修復物(今回はケイサンリチウムガラスセラミックス)で覆って接着剤でくっけて一体化します。
不安定な金属は境界から腐食して壊れることが多いのでひどい場合神経を失うこともあります。
上顎では時には副鼻腔炎を起こし蓄膿症の原因になることもあります。
被害の拡大を防いで健康な歯を守る治療はいろいろありますので興味のある方はぜひ相談してください。




2011.05.06 Friday 22:39
- comments(0)
新年あけましておめでとうございます
新年あけましておめでとうございます。飯嶋です。今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
今年のお正月は天気がよくて気持ちよかったですね。良いいちねんになるといいですね。


富士山も綺麗です。新しいデジタルカメラを購入したので写真撮りがてら少しさむかったですけど愛車ツーリングにででかけました。

クリックで挿入




景色にさそわれて海沿いから箱根方面を散策してきました。西湘バイパスのサービスエリアです。無料化実験中なんですね。

クリックで挿入他のことに予算をつかった方がよいよう気がしますが・・・。


         箱根新道も無料化されていました。





なんと大観山パーキングまで来たら富士山が雲に隠れてしまいました。
芦ノ湖はとっても綺麗でした。
寒くなってきたので帰路につこうとしたら・・・。
エンジンが始動しません!また壊れた!
中古で購入して七年、年にいちどくらい何か壊れます。
泣く泣く決死の押しがけでエンジンをかけて緊張しながら帰宅しました。
今年の厄払いはこれですみましたかでしょうかね。
今年はまた仕事がんばります。
      

      




2011.01.06 Thursday 09:52
- comments(2)
ワールドデンタルショー
 
植木です

10月の連休に横浜でワールドデンタルショーを開催していたため行ってきました








朝早い時間だったのですがかなりの賑わい
日本全国から歯科医療関係の人たちが集まってきていました






特に目を引いたのがアンダーアーマーのマウスピースです
スポーツ用のマウスピースはボクシング、アメフトといったコンタクトスポーツの選手はもちろん最近は野球、テニス、ゴルフ、サーフィンといったスポーツでもあたりまえに装着されています

効果としては、口腔内や歯の保護はもちろん、スポーツ用のマウスピースを装着することで瞬間の筋力が10パーセントほど上がると言われています

装着するだけでゴルフの飛距離が伸びるのなら装着するしかありませんね

様々な分野のプロスポーツ選手が装着しています
今後はもっと増えてくるそうです

アンダーアーマーのロゴマークが入っているのがかっこいいですよね

病院で歯の型どりすることで簡単に作製できます

詳しくは病院スタッフにお尋ねください


2010.10.14 Thursday 10:04
- comments(8)
最近暑いですね!
 こんにちは!歯科医師の飯嶋です。
ようやく梅雨がおわったと思ったら連日の猛暑すごいですね。皆さんは夜寝る時はどうおすごしですか?
私は体によくないなーと思いながらエアコンをつけっぱなしで寝てしまっています。。
私が学生だったころはクーラーのない下宿で生活していましたが、こんなに熱中症になるような話は聞かなかった気がします。
やはり環境破壊による気候変動の影響なのでしょうか?
 環境というよりは自身のメタボ対策で天気のいい日は自転車で片道12キロ程度の通勤をしています。以前の職場にいたときに検診でやや中性脂肪検出されたため〜データ改善と運動不足解消に始めたのですが、週3回くらい自転車通勤をすると血液検査の中性脂肪がすとんと落ちました。
元々二輪車が好きだったのもこうじてタイヤの交換、整備などもたのしみながらはまっています。ぜひ興味がある方は自転車通勤してみてください。

自転車



購入して三年目の年期がはいった自転車です。(初心者用でハンドルにもブレーキがついています。)
タイヤがほそいのでスピードがでていいのですがパンクし易いのが玉に傷です。

海

車道を走る時は端に寄って自動車の邪魔にならないようにきをつけます。風をきると爽快です。以外と涼しいですし。

t朝食

朝食もしっかりたべます(嫁さんのと2人分です)
昼までお腹がなると恥ずかしいので。。。

江の電

私は先日この江の電の線路にタイヤがはまって転倒しました。
気をつけないと危険なこともあります。

外傷

この写真は自転車で転倒?以前急患で拝見した患者さんです。
転ぶと打ち所によっては歯牙破折を起こします。(お願いして顔がうつらない条件で写真を撮らせてもらいました。)

応急

応急処置をしました。右上の中切歯は残念ながら神経がしんでしまいましたがなんとか残せました

補綴物補綴物

オールセラミック(金属が入ってません)クラウンで色調回復しました。

治療終了


転ぶときは手で受け身をとりましょう。
歯以外の外傷がこの方はなくて本当によかったです。
ちなみに自伝車通勤は汗だくになりますので着替えとデオドラントスプレーが必須です。
コッソリ職場の洗濯機に迷惑ににらないようTシャツを入れています。なにも苦情をいわずにたたんでおいてくれるスタッフへの感謝も重要です。皆さん本当に有り難うございます。





2010.07.30 Friday 13:38
- comments(9)
臨床歯周病学会 @京都
 植木です
6月の26,27日の土曜、日曜とお休みを頂き、京都の臨床歯周病学会に出席してきました




会場は京都の郊外の国際会議場という大きな会場で開催され、日本各地から多くの参加者が来ていました
海外からも演者が来ていて海外での最近のトピックを聞くことができ、大変勉強になりました



夜は京都にいる学生時代の友人と焼肉屋へ
かなり風情のある焼肉屋に見えるでしょう






なんと田中康夫先生大絶賛の焼肉屋なのです

名物のねぎ焼き


とてもおいしかったです


2010.07.01 Thursday 18:02
- comments(3)
歯科医療は日進月歩!
マイクロ操作こんにちは!
今年4月から神谷デンタルフィスに勤務させていただいている歯科医師の飯嶋です。前職では病院内の歯科・口腔外科で一般歯科治療・口腔外科・インプラント治療を担当していました。最近ではその外にも光学顕微鏡を使用した歯内療法に力を入れています。いままで手探りで行っていた多くの治療(歯内療法や根尖切除手術、その他etc)が顕微鏡下では明視野で確実に行えます。歯科治療に置けるその威力と有効性には自身でも驚いています。                                               
   
ET右の写真は顕微鏡下、超音波チップを使って歯根の清掃をしています。歯牙内部の細かい所もよく見えるのが分かると思います。モニターの写真ですので覗いている実際の術野はもっとクリアーです。汚染の強いケースであっても汚れている所が一目瞭然なため確実に歯髄腔の清掃が可能です。感染源の確実な除去が可能であれば
歯牙保存の可能性の向上・長期予後の安定に非常に有効なことがお分かりいただけると思います。                                                                        

次の写真は
逆根充難治性の根尖性歯周組織炎に対して歯根尖切除術+逆根管充填を試行した症例です。顕微鏡で確認することにより確実に感染部の除去が行えます。優れたセメント(MTA)との併用により根尖の封鎖と硬組織の誘導が可能です。以前は病変の除去だけ、もしくは封鎖性に疑問がある材料が使われていました。予後不良症例もよく目にしましたが、今後進歩した機材によって安定した治療成績が残せるようになっていきます。
                                         


                                         もう一つの技術革新
CT!歯科用コーンビームCTです。いままで診断できなかった歯根の湾曲や顎骨内の神経・血管の位置がミリ単位で確認できます。CTを用いた診断が利用できるようになって、欠損歯部に入れ歯ではない人工歯根を安全に使用できるケースが飛躍的に増えました。入れ歯に頼らず咬む機能の回復ができれば大幅なQOLの向上になります。歯科学生時代・在局当時には大学病院などの研究施設で開発中だった技術ばかりですが、現在は市販実用化され臨床に使用できるようになりました。時代の移り変わりを実感します。歯科医療は特に機材に左右される仕事です。高価な医療機材と高度な知識が要求されます。臨床に取り入れるのは困難な側面もありますが、なんとか研鑽をつんで提供していければと考えています。興味のある方は、私飯嶋は火・金以外の診療日に勤務しておりますのではぜひ質問・相談下さい。

 


2010.04.20 Tuesday 10:30
- comments(2)
インビザライン2
 植木です

神谷デンタルオフィスではインビザラインを取り扱っています

実際に私自身が行っているので途中経過と感想を報告します
歯牙にポッチのようなものが付きました
右側に3箇所、左側に1箇所です

これにより歯を傾けたり、中に入れたり、引っ張ったりします
虫歯治療の際に使用するコンポジットレジンというものを用いています
その人の歯牙の色に合わせた色を使用するので目立ちませんよね
もちろん全く痛くはありません




高校生の時にブラケット(金具)での矯正もしていたのですがそれに比べると
だいぶ楽な感じがします
マウスピースも基本ずっと着けているのですがこちらもすっかり慣れました


2010.04.08 Thursday 13:50
- comments(0)
インビザライン 1
インビザラインを実は秋から始めています

僕は以前矯正をしていたのですが、その後多少の後戻りがありそれを治すために始めてみました

上顎の真ん中の歯がかなり出てきてねじれています
下顎は下の前歯がでこぼこしてきています

 

クリンチェック(治療計画)を出し、確認したのちアライナー(マウスピース)を発注しました
治療期間は5ヶ月とのことです
2週間程でアライナーが届き、早速開始しました


最初に入れた見た感想はかなりきつめ
始めたばかりだからでしょうか
窮屈な感じはありますがそれほど痛くはありません
昔ブラケット(ワイヤー金具)でやった時の方が痛かったような気がします

インビザラインは1日20時間以上装着とされています
まずはこのまま食事と歯磨きの時だけはずして2週間過ごします


また経過を報告します


2010.02.19 Friday 15:37
- comments(1)
インビザライン

インビザラインマウスピース矯正


インビザラインは、アメリカのアライン社により開発されたブラケットとワイヤーを使用しないマウスピース型の矯正装置で、不正咬合の模型をコンピュータ上の3D情報に置き換えて1回あたりの歯の移動量や方向を計算してシュミレーションして歯牙を並べ直し,各ステップごとに透明のプレートを製作し、2週間に1回交換して治療していくシステムです。


治療手順

1.初診相談

2.精密検査(各種レントゲン検査、歯型、口腔内写真、咬み合わせ) 

3.診断 

4.マウスピース製造発注(型取りから最長6週間で装置が完成します)
この時点でインビザラインマウスピース矯正の最終意思決定をしていただきます。

5.マウスピース装着開始(2週間に1回交換)

6.保定装置リテーナー


これまでの実績

  • これまでに、全世界で35万人を超える患者がインビザラインを通じた治療を受けています。
    (2005年12月末現在)
  • 米国のアンケート調査結果によれば、インビザラインによる治療を受けた患者の87%がインビザラインによる治療結果に「非常に」、もしくは「極めて」満足しているとの結果が出ています。 (米国大手マーケティング調査会社が2004年4月に225名を対象に実施)
  • インビザラインを開発、製造し、世界の主要国に提供する米国アライン・テクノロジー社は、2001年にナスダック市場に上場し、現在では年間売上2億700万ドル、従業員約1,000人を擁する規模(2005年度実績)まで成長してきております。


患者さんにとってのメリット:
  • 透明感があり、装着していても目立ちません。
  • 摂食や清掃時に取り外し可能なため、治療中口腔および歯周組織の健康が、よりよく維持されます。
  • 矯正装置の装着による不快感が軽減されます。
  • 診断時に3Dアニメーション動画を通じ、患者自身も計画された歯牙移動を事前に見ることができ、治療に対するモチベーション向上につながります。
デメリット:
  • 矯正治療途中で虫歯治療をして、歯牙の形態が変わってしまうと、そのあとのマウスピースが適合しなくなる可能性があること。(被せ物を変えたり出来ない)
  • 装置をはずしている時間が長いと歯が動かないため最低20時間の装着が必要となります。はずしていると歯が後戻りし治療期間が延長されます。
  • 抜歯が必要な場合、歯が回転している場合 など複雑な症例には適していない

 

※症例によってははワイヤー矯正や補助器具(アタッチメントやゴム)の併用が必要となります。



インビザラインの製造プロセス

ステップ1
治療計画書および顔面・口腔内写真をインターネットを通じてオンライン上にて提出していただきます。一方で、歯形、咬み合わせ、X線写真、治療計画書をアライン・テクノロジー社(米国)へ送る。
ステップ2
工業用コンピュータ断層撮影(CT)システム「フラッシュCT」を用いて、先生方からお送りいただいた歯形をスキャンし、患者の歯の3次元セットアップモデルをコンピュータ上に具現化します。症例の受領後に先生方のウエブサイト(後述)に“クリンチェック作成中”の通知が表示されます。
ステップ3

先生方からお送りいただいた治療計画書に基づき、米国アライン・テクノロジー社内の矯正専門歯科医などで構成される専門チームにより「クリンチェック」が作成されます。クリンチェックは、コンピュータ画面上にて、患者の現在の歯の状態、治療終了後の状態、移動の途中経過について、すべてのステージをあらゆる角度から検討いただくことができます。

ステップ4
アライン社によるクリンチェック作成後、先生方のウェブサイトに“承認待ちのクリンチェック”の通知が表示されます。インターネットを通じて、クリンチェックに関して修正すべき内容につき先生方にご指示いただき、オンライン上の双方向でのやり取りを経て最終承認いただきます。

ステップ5
クリンチェックについてご承認いただいた後、レーザーリソグラフ技術を通じ、クリンチェックの内容を忠実且つ正確に具現化し、インビザライン・アライナーの各ステージに対応した光造形モデルが作成されます。

ステップ6
光造形モデルにしたがって、指定された移動が連続的に組み込まれた一連の透明なインビザライン・アライナーが製造され、治療開始前に、治療完了に至るまでのインビザライン・アライナー郡一式が先生方宛に出荷されます。
ステップ7
患者は最低2週間、一日20時間以上、各インビザライン・アライナーを装着します。歯は徐々に治療目標に向けて移動します。

3次元治療計画のデモンストレーション(動画で歯の動きが見れます)

http://www.invisaligncec.jp/why/why_01.php


装置(インビザライン・アライナー)の製造にあたって


  • 最先端のCAD/CAM(光造形)技術を通じ、コンピュータ画面上で策定された治療計画を精緻に具現化する形でのアライナーの製造が可能です。 (図1・図2)
  • 治療期間(即ち、治療に必要なアライナーの総数)を問わず、担当医の承認後、治療完了までに必要なアライナー群のすべてを製造し、ドクターに一括して提供します。(図3)
  • 治療計画に関するコンピュータ上のデータはデジタル情報として保管されるため、アライナーの破損、紛失等の際の再製作にも迅速に対応可能です。




 

私自身も実際にインビザラインによる矯正を始めたので次回から体験記を書いていこうと思います


Check


2009.09.25 Friday 06:00
- comments(1)
1/2PAGES >>